文字サイズ

独自の「足から矯正術」他とは違う整骨院「ゆい整骨院」

お問い合わせ
048-299-6801

メールフォーム ご予約はこちら WEB予約受付中 現在の空き状況を確認

診療時間
月〜金 9:00〜13:00
月〜金 15:00〜20:00
土曜 9:00〜14:00

メニュー

ホーム > ゆいブログ > 【快眠法】今日からぐっすり眠るための生活習慣

【快眠法】今日からぐっすり眠るための生活習慣

 

こんにちは!西川口並木商店街のゆい整骨院です。

今回は『快眠』についてです。

 

快眠のコツとして重要なのは、就寝前の刺激やストレスを避けて、心身がリラックスした状態を作ってあげることです。就寝前の脳への刺激は交感神経系が活性化され、快適な入眠の妨げになります。睡眠2時間~3時間前頃から刺激やストレスの元となる行動を控えましょう。例えば熱いお風呂や激しい運動、カフェインやアルコールの摂取、パソコンやスマホのライトなどが挙げられます。もしも習慣化している方は、快眠のために改善していく必要があります。

 

日中の適度な運動

日中に適度に身体を動かして交感神経を刺激しておくと、夜は体を休めるために副交感神経が働きやすく、寝付きが良くなり、深い眠りを得ることが出来ます。

快眠のための運動としてオススメなのは、ウォーキング、水泳やサイクリング、ヨガやストレッチなどのいずれもあまり激しくない運動です。逆に睡眠前の運動は、本来副交感神経が働くべき時間に交感神経が働いてしまい脳が興奮して寝付きが悪くなるため控えましょう。

 

昼と夜の光を意識

本来、人間の自然な生活リズムは地球の自転とともにあり、日中は太陽光の中で過ごし、日が沈むのとともに眠りに入る生活です。このような規則正しい生活が自律神経や体内時計を整える大事なポイントなのです。

朝は太陽光で目覚めると、体内時計がリセットされて、夜寝る前には睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されやすくなります。しかし寝る前にテレビ、パソコン、スマホ等の人工の光を浴びると脳が覚醒してしまいます。

 

最適な寝具

 

布団・枕など、寝具には様々な種類があります。特に枕とマットレスは眠りの態勢を長時間支えるものなので、自分に合った良いものを選ぶことをおすすめします。

理想の寝姿勢は、「背骨が立っている時の曲がり方よりも、やや緩やかなカーブを維持できる姿勢」と言われています。「寝心地が良い」だけでなく自分の体に合ったものを選びましょう。

 

高すぎる枕では首に無理な力がかかり首こり肩こりの原因となります。逆に低すぎると血液が頭に下がり脳を刺激するため、寝付きが悪くなってしまいます。

大人の場合、枕の高さは頭を乗せて沈んだ状態で6㎝が理想とされています。

マットレス

柔らかすぎるマットレスは、寝返りが打ちにくい、背骨や腰が不自然に曲がり負担がかかる、体が安定せず無意識に筋肉を使い疲れる等の点が挙げられます。硬すぎるマットレスは体との接触面が圧迫されて血行が悪くなる、腰が浮いた状態になり腰痛の原因となる点があります。

 

さいごに

今回は『快眠』について説明させていただきました。寝ることは人間にとってとても大事なことです。生活していく上で、日々ぐっすりと快眠でき、生活習慣を正すことが出来れば自ずと体の調子も良くなるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

ゆい整骨院お知らせ

当院は妊娠中の方、出産後間もない方の施術も行っております。腰痛、肩こり、手足のむくみなど妊娠、出産に伴う症状はたくさんあります。マタニティ整体も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

※妊娠中の方は安定期以降推奨、出産間近まで対応可。出産後はすぐにでも対応可。

 

患者様が西川口ゆい整骨院の口コミを

たくさん書いてくれました!

→【ゆい整骨院の口コミ別ウインドウで開きます。

 

予約優先制のため可能であれば

電話かネットにて予約をお願いします!

☎:048-299-6801

Web:ゆい整骨院のネット予約ページ別ウインドウで開きます。

 

当院は埼玉県川口市、蕨市、戸田市、草加市、さいたま市、越谷市、上尾市、川越市、東京都、神奈川県横浜市など様々な地域の患者様に来ていただいております。ぎっくり腰、腰痛、四十肩、五十肩、寝違い、突き指、捻挫など様々な症状の患者様が来院されています。ゆがみ矯正、産後の骨盤矯正、仕事でのケガ、労災、交通事故の治療も受け付けております。ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

 

Share

ページの先頭へ戻る